代表理事ご挨拶

Misao 03ss西洋手相術の歴史を遡ると古代エジプトを起源とする「ヘルメス主義(ヘルメトズム)」の宇宙論に行き着きます。この宇宙論は、伝統的占星術(ホラリー占星術)のベースとなるもので、ここに手相術と占星術の起源があると考えています。

 

「ヘルメス主義」(別名「神秘主義」)思想は、人が与えられたものを活かして自分らしく生きるための人生哲学を説いています。

 

一般の手相占いの基礎を学び、手相鑑定をするたびに、何かが足りないと感じていました。
そして、手に現れる現象には、深層心理が関係したもっと深い意味があるのではないかという想いが募りました。
海外の代表的な手相術の文献を取り寄せ、そこに書かれているリーディング技法をカウンセリングで検証しながら、体系化したのが「HASTA手相」です。さらに、伝統的占星術を学ぶ事で、手のひらにある7つの惑星エネルギーの真の意味を知り、手にはひとり一人が生きる為の「可能性」や「指針」が現れていると確信しました。

 

Possibility is responsibility.

 

可能性は「責任」である。
生きる為に与えられた可能性(才能)が手に刻まれています。それを使って人生の荒波を進んで行くことは、私たちの責任です。
単なる未来予知や性格診断の「手相占い」ではなく、人生哲学を説く「手相学」として探求してきた手からのメッセージを、「個」として生きる力として活用していただけるよう、お手伝いできれば幸いです。

 

Never generalize!  Everyone is unique.

 

ひとり一人違っていていいのです。なぜならば、手の様相はみな違うのですから。
その違いが「個性」なのです。

 

一般社団法人HASTA手相学研究所
代表理事 寺島みさお