運命線は仕事運を見る線なのか〈1〉

0228eff4d675707eb9c40200b5802b26_s

運命線は、英語で Line of Destiny または Fate Line です。


一般的な手相占いでは、

  • 運命線が濃い:仕事運がよい。実業家に向いている。
  • 運命線が薄い、ない:仕事運が良くない。会社員向。

という占いをしている方が多いようです。

実際に、運命線が薄い私の生徒さんで、自営業をしている方が、ある手相占いの方に、
『自営業は無理だから、どこかの会社に入りなさい。』と言われたということがありました。

運命線は、そのネーミングから、その人の運命が記されている線と想像されてしまいます。
本当にそうなのでしょうか?

深層は起源を調べるとわかる

西洋手相学は、もともと海外(ヨーロッパ)で発展して来た占術です。
本来、英語、それ以前は、ラテン語、ギリシャ語、アラビア語だった事が推察されます。
日本に入って来たのが明治時代以降という説がありますので、おそらく、英語で入って来たのでしょう。

運命線の英語表記は、Fate Line あるいは Line of destiny となっています。
Fate、destinyの真意を探ると、運命線がなにを意味するのかがわかってきます。

spacer